マーケティングニュース - ラックス・リサーチ・ジャパン

アクセスランキング一覧

ニューストップページへ


1. ブランド価値による高級ブランドランキング ― トップ15

シンガポール ― ブランドコンサルティング企業のInterbrandが実施した最新の高級業界調査によれば、ルイヴィトン(Louis Vuitton)、グッチ(Gucci)、シャネル(Chanel)を含むトップブランドは、現状の世界恐慌による先行き不安にもかかわらず、長期的にブランド構築を行っていく構えを続けていくつもりであるとのことだ。



Warning: file() [function.file]: Filename cannot be empty in /home/glopeer/www/lrj-jp/j-market_news/newsranking.php on line 130


Notice: Undefined offset: 64 in /home/glopeer/www/lrj-jp/j-market_news/newsranking.php on line 135

Notice: Undefined offset: 65 in /home/glopeer/www/lrj-jp/j-market_news/newsranking.php on line 135


3. 世界の高級ブランドランキング2009 (1)

不景気の中にあっても、幾つかのブランドは、その価値を保ち続けている



4. 世界の高級ブランドランキング2009 (2)

これまでにない回復力



5. APランドによる日本での高級プロジェクト

富裕層向け宿泊施設の開発プロジェクトが始まろうとしている―



6. カペラ・ホテルズ&リゾーツ、北海道で新たなリゾート宿泊・居住施設を計画

世界でも有数のパウダースノー(シベリアから運ばれる、きめ細かく、水分の少ない雪)と、著名なホテル経営者Horst Schulze氏率いる、カペラ・ホテルズ&リゾーツブランドで有名な、ニセコのアンヌプリ・ニセコ国際スキー場が、その顧客個々人に合わせた高級サービスで急速に評価を高めつつある。



7. 世界でもユニークな日本の高級市場の今後は?

「世界で唯一のマス高級市場」と揶揄される、ブランド商品に強い嗜好を持つ日本市場は、これまで世界の高級品業界において最前線の重要市場であり続けてきた。その日本市場も、ここのところ陰りが見られる。市場が成熟しているこの日本の高級市場では一体何が起こっているのであろうか?



8. ブランド集約と商品の多様化を続ける高級ブランドグループ

近年、日本市場は世界の約25%を消費し、米国やヨーロッパに匹敵していると言われている。日本の人口が、約1億2,500万人である一方、米国の人口は約3億人であり、日本人は米国人に比べ2倍以上の高級品を消費していることになる。驚くべきは、20歳以上の日本人女性の半分がルイヴィトン(Louis Vuitton)ハンドバックを所有し、東京では94%以上の20代女性が最低1つのルイヴィトンハンドバックを持っているという調査結果もある。これだけ人気の高級ブランドではあるが、その多くはこれまでヨーロッパでその地位を確立してきた、LVMH、スウォッチ(Swatch)、エルメス(Hermes)などに代表される巨大高級ブランドグループに属している。ではそれら巨大高級ブランドグループはとは、どのようなものなのだろうか?



9. 初の高級電動スポーツカーは、バッテリーバイク

ミッション・ワンが、初のクリーンエミッション・グランプリである、この夏開催のTTXGPマン島レース(TTXGP Isle of Man)に参加



10. 豪華プールのあるホテルランキング―トップ10

ホテルのプールと一言で言っても、ただのプールばかりではない。 このほど、イギリスのホテル比較サイト、Trivagoが、特別なプールのあるホテルランキング、トップ10を発表した。 アルプスの全景を楽しめたり、イルカに近づけたり、香港の地平線を見ることができたり、トップ10のプールを持つホテルは、記憶に残る休暇を提供してくれること間違いなしだろう。



11. 日本の富豪ランキング ― フォーブス・アジア版

大手衣料小売ファーストリテイリングの社長、柳井正氏が、任天堂の山内溥氏を抜き、初めて日本で1番の富豪となったと、米経済誌フォーブス(Forbes)・アジア版が発表した。



12. 日本: 輝きを失う高級品市場 ― なぜ高級品の売上が減速しているのか?

ルイヴィトン(Louis Vuitton)は、世界最大の高級ブランド企業、LVMHに属しているが、2002年、東京・表参道にルイヴィトンの巨大店舗ができた時、何百もの人が列を作った。さらに、初日の売上は、100万ドルを超えた。これは、日本人が明らかに高級品に対して貪欲であったこと象徴しているというよりも、高級品に対する購買意欲が減退していることを示していた。日本市場は、長らく高級品の売れ行きがもっとも良い市場であったが、ここのところ勢いは衰えてきている。多くのブランドは、過去5年間横ばいであったが、今年の売上は劇的に落ち込んだ。エルメス(Hermes)、グッチ(Gucci)、ティファニー(Tiffany)、シャネル(Chanel)、カルティエ(Cartier)は危機的な状況だ。LVMHの日本での売上は、今年前半期で、6%落ち込んだ。今年は、LVMHが1978年に日本に進出して以来、初めての業績悪化になるかもしれない。



13. 高級時計ブランドのポジショニング

高級ブランドと言えば、真っ先にあがるものの1つが高級ブランド時計ではないだろうか。 実際、日本人の多くが高級時計に強い興味を示し、何十万もする時計を所有している。 ある消費者アンケート調査の結果では、関心がある海外高級ブランドの中で「時計」がトップとなっているものもある。 また、Googleにおいて、『高級ブランド』とともに検索される製品名は、『時計』がもっとも多いとのことである。



14. ブランドの紙袋が流行る東京

東京は、アジアのファッション中毒の街として、かつて世界的に有名であった。 東京では、『買い倒れるまで買う』という消費行動はいまだ健在であるが、今では、さらにその消費行動は、嘲笑の対象となっている。



15. 世界の高級品市場の成長は、年末に向け大きく減速、2009年は景気後退に向かう

ベイン&カンパニーの高級品調査第7版によれば、世界の高級品市場の成長は、年末に大きく減速し、2009年は過去6年ではじめての景気後退に向かうが、「ニューラグジュアリー」として今後上向く傾向にあるだろうと長期的には楽観的な予測がなされている。



16. クラブメッドはバランスを取ろうとしている―高級路線を追求するリゾート企業

パリ―5年前、フランスのリゾート運営会社である、クラブメディティラネーSA(Club Mediterranee SA)は、中流層向けの屋外アクティビティというイメージから、高級ブランドへの路線変更に着手し始めた。



17. 調査によれば、フェラガモがNo.1に

ニューヨーク − ニューヨークを拠点とするラグジュアリー・インスティチュート(Luxury Institute)による2008年高級ブランド・ステータス・インデクス調査(the 2008 Luxury Brand Status Index survey)によれば、フェラガモ(Ferragamo)が、富裕層男性の間で最も権威のある高級ブランドの第1位に選ばれた。



18. テスラ発の『高級グリーンカー』という選択

テスラモータース(Tesla Motors)が遂に、セダンタイプ電気自動車の『Model S』を発表した。同社によれば、『Model S』は、環境にやさしい高級車の新たな選択肢となり、石油輸入に頼る自動車産業の助けになるであろうという。



19. 売上減少に痛手を受けるブルガリ、第1四半期の利益減少

ローマ: イタリア高級宝飾商のブルガリSpA(Bulgari SpA)は、5月13日、第1四半期の純利益が4.6%落ち込んだことを発表した。これは、3月の売上の減速と、時計、アクセサリーの需要の減少の影響によるものであるとのことだ。



20. プラダ 昨年度利益が66%増加

イタリアファッションハウス、プラダSpA(Prada SpA)が昨年度の純利益が66%増加したことを発表した。プラダSpAは、米国や日本が経済不振に苦しむ一方、高級品市場を後押ししているアジアにおいて大きく売上を伸ばした。



21. フォーブス世界長者番付 2009

世界金融市場の暴落により、2008年の世界長者晩受けに掲載された10億ドル(約974億円)以上の資産家の数は2008年、30%減少したと、米誌フォーブスが報告した。



22. 高級旅行雑誌で日本がランキングのトップに

イギリスの著名な高級旅行雑誌のワンダーラスト(Wanderlust)が、日本を最良の海外旅行の目的地に選んだ。



23. ヒルトンがアジア初のブランドを上海にオープン

米国のホテルチェーンであるヒルトン・ホテルズ・コーポレイション(Hilton Hotels Corp)が、新たな高級ホテルを、上海の外灘(ワイタン)にオープンする計画を発表した。外灘は上海で最も有名な観光地の1つである。



24. スウォッチグループ前半期の業績に、高級市場の回復を期待

スウォッチ・グループ(Swatch Group Ltd.)は、今月、小売注文の増加と、今年前半期の期待以上の業績を報告した。 これにより、世界の高級品市場に対する期待が高まっている。



25. マーケティングリサーチの主な調査手法 - 定量調査・定性調査

マーケティングリサーチには大きく分けて、定量調査と定性調査という2通りの手法があります。



26. 次のファッション業界

近い将来、LVMH(エルブイエムエイチ・モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)、PPP(ピノー・プランタン・ルドゥート)、リッシュモン(Richemont)は近い将来、気取っていられなくなるだろう。この先数ヶ月、ファッションショーのステージは、ブラジル、ロシア、インド、中国からの作品で溢れかえることになるだろう。



27. 米国:最低限必要なこと ― 不況での高級品マーケティング

高級品業界に同情する。今年のホリデーシーズン、高級業界には、気力を挫くようなマーケティングの壁が立ちはだかっている。すなわち、景気後退で不安に駆られている消費者に、何千ドルもの財布や、宝石を買ってもらわなければならない。



28. 顧客満足度調査でレクサス、キャデラックが首位

ミシガン大学が行った顧客満足度調査で、GM社(General Motors Co.)のキャデラック(Cadillac)がトヨタ自動車のレクサスに並んで、首位にランキングされた。



29. 高級ブランドが中古市場で人気(1)

不況の影響を受けて、中古品やレンタル品にシフトする、ブランド愛好者



30. 不況時の日本のファスト・ファッションの法則(1)

東京原宿エリアには、流行に敏感な若者達が常に集まっている。 歩道は、毎週末、新たなトレンドを探す熱狂的な買い物客で埋め尽くされる。


このページのトップへ

Archives

- March, 09

- Febrary, 09

- January, 09

- December, 08

- November, 08

- October, 08

- September, 08

- August, 08

- July, 08

- June, 08

- May, 08

- April, 08

- March, 08

- February, 08

- January, 08


Keyword Search



*キーワードが複数の場合は、半角スペースで区切ってください