>> 新しいラックスリサーチジャパン
のページはこちら

マーケティングニュース - ラックス・リサーチ・ジャパン

高級品・高級サービス市場ニュース

ニューストップページへ

2009/06/30


厳しい高級ブランド市場においてFURLAが好調

RetailWeek

高級ブランド小売の先行きは不透明だが、これまでと変わらない成功を確信しているインターナショナルブランドが、いくつかある。 イタリア企業のFURLA(フルラ)はそのうちの1つであり、昨年は、好業績を収めている。

FURLAは、価格設定や、ロイヤリティの高い顧客をうまく利用して、この不況をうまく切り抜けようとしている。 FURULAのチーフエグゼクティブであるPaolo Fontanelli氏は言う:「我々にとって、高級製品の価格設定は、非常に重要です。 消費者は、有名高級ブランド品からランクを落として買い物をしており、グッチ(Gucci)やルイヴィトン(Louis Vuitton)のようなブランドは、顧客の購入しやすい価格の製品を市場に出し始めています。 我々は、これまでずっとそのような製品を出し続けていました。」

[記事全文]



2009/06/29


手ごわい中国の高級ブランド市場(2)

REUTERS

『非常に数多い中国人』

しかし、高級ブランドグループ各社は、消費者のブランド志向が強い中国は、すぐに世界一の市場になり、今年成長を遂げる、数少ない新興市場となると見込んでいる。

[記事全文]



2009/06/28


手ごわい中国の高級ブランド市場(1)

REUTERS

中国は、今後数年で、世界最大の高級ブランド市場になると見込まれているが、製品によっては顧客の心をつかむために、まだまだ文化的な面で超えなければいけない壁があると、高級ブランドのエグゼクティブ達は課題を感じているようだ。

シャンパンハウスのテタンジェ社(Taittinger)は、中国で高級スパークリングワインを造ることは可能であるものの、まだそれを十分に受け入れる市場がないと述べている。 一方、ランボルギーニ(Lamborghini)は、中国の富裕層は、スポーツカーを乗り回すよりも、お抱え運転手を雇う文化があるために、自社製品を広めることは難しいと述べている。

[記事全文]



2009/06/27


動画を見ながら高級旅行を予約できるウェブサイトがオープン

New York Times

景気低迷が続く昨今、豪華旅行専門のウェブサイトをオープンすることは、少し風変わりかもしれない。 しかし、先週サイトを公開した、Voyage.tvの関係者によれば、こんな時勢にあっても、富裕層旅行者は、ルイヴィトンのバッグに、荷物を詰め込むのを止めていないという。

Voyage.tvの資料によれば、このサイトが狙う市場は、インターネット、特にSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)のヘビーユーザーである、『都会の富裕層』であるという。 このサイトは、トラベルチャンネル(Travel Channel)と、エクスペディア(Expedia.com)の要素を取り込んでおり、サイト利用者は、飛行機やホテルの予約ができるとともに、旅行先のビデオ画像(現在は主にカリブであり、ニューヨーク、トスカーナ、バリ、その他地域は作成中)を見ることができる。

[記事全文]



2009/06/25


高級時計ブランドのポジショニング

高級ブランドと言えば、真っ先にあがるものの1つが高級ブランド時計ではないだろうか。 実際、日本人の多くが高級時計に強い興味を示し、何十万もする時計を所有している。 ある消費者アンケート調査の結果では、関心がある海外高級ブランドの中で「時計」がトップとなっているものもある。 また、Googleにおいて、『高級ブランド』とともに検索される製品名は、『時計』がもっとも多いとのことである。

市場を見ても、日本には高級ブランド時計が溢れている。 日本のウォッチ(腕時計)市場は、2007年時点で6,259億円(矢野経済研究所調べ)であるが、その8割、つまり約5,000億円を、インポートウォッチが占めているという。 あらゆる海外ブランドの時計が、小売店やオンラインで購入でき、ロレックス、オメガ、タグホイヤーなど、人気の海外高級時計が、時計専門店以外の、量販店、中古ブランド販売店でも数多く並ぶことを考えれば、その数字にも納得できる。

[記事全文]



2009/06/24


グッチが中国に新店舗を計画

guardian.co.uk

高級ブランドのグッチ(Gucci)は、世界的な不況にも関わらず、今月28号店を中国にオープンした。 中国が、これからの高級消費を牽引しようとしている中、グッチはさらに、中国に2〜4店舗を、今年中に出店する予定であると、CEOのPatrizio Di Marco氏は述べた。

グッチは、フランスの小売・ファッション事業を手がけるPPRに所属する高級ブランドである。 同社は、現在、ヨーロッパに約70店舗、日本に約50店舗を保有しているが、中国に数年中に40店舗を持つことを目標としていると、Di Marco氏は付け加えた。

[記事全文]



2009/06/23


高級ブランド企業は、消費控えにしゃがみ込む(2)

REUTERS

地域により、見通しはさまざまである。 ロシアや中東は、消費低迷に揺らぐ見通しである一方、中国は、今年成長する数少ない新興市場になりそうである。

「この四半期に、市場が回復することを期待しています」と、Ramesh Prabhakar氏は言う。彼は、中東の高級ブランド流通大手である、ドバイRivoli グループ のマネージングパートナーである。

[記事全文]



2009/06/22


高級ブランド企業は、消費控えにしゃがみ込む(1)

REUTERS

米国のブランド企業や小売業が回復の兆しを見せてはいるが、高額ブランド企業、特に、車や時計など高額品を扱う企業は、少なくともあと2年は痛みに備える必要があるだろう。

店舗出店を遅らせ、広告費用を削りながら、現金の確保と経費削減に全力を尽くしていると、高級ブランド企業のエグゼクティブ達は、今月開催されたロイター・ラグジュアリー・サミットにおいて、口をそろえて述べた。

[記事全文]



2009/06/18


中東の高級市場の成長

REUTERS

中東の高級品市場は、1年で10%の成長に向かい、世界の高級市場におけるシェアは、今や、5%から10%に増加をする勢いであると、バーレーンのインベストコープ社が、今月、報告した。

同社のガルフ・グロース・キャピタル事業部トップのAzmat Taufique氏によれば、その成長の大きな原動力となっているのは、中東の若手層と富裕層であるという。

[記事全文]



2009/06/14


定量調査ではできない定性調査でできること

MediaPost

定性調査を行う場合、気づくと、まわりの人に一生懸命、その正当性を説明しなければならなくなっていることがないだろうか? しかし、マーケティングに関わり25年、本当に企業の競争優位に関わるインサイトが、いかに多く、定量調査よりも、定性調査から得られてきたかに、私は感銘を受けている。

マーケティング担当の中には、『正確である』定量的手法の方が、定性的手法より勝っていると考える人がいる。 しかし、広範囲の問題を扱う場合、定性的手法は、消費者行動や商品ブランドに関わるより深く、実用的なインサイトを一貫して発見することができ、その点においては、定量的手法よりも非常に優れているのである。

[記事全文]



2009/06/09


高級離れする日本市場

FT.com

流行好きな日本のOLやサラリーマンのランチ風景から、ルイヴィトン(Louis Vuitton)のハンドバッグやシャネル(Chanel)のジャケットが消え、ザラ(Zara)の洋服やギャップ(GAP)のジーンズに変わりつつある。 かつて、高級ブランド最大の市場であった日本は、今、それらブランド企業にとって悩みの種になっている。

コンサルタント会社のマッキンゼーによる、日本の高級製品市場に関するレポートによれば、この不況により日本の高級品消費は減少し、この消費傾向は長期化の様相を強めているという。

[記事全文]



2009/06/07


定量データで見る高級ブランド

一般的に、高級ブランドに関する定量データは、他の消費材などに比べ数少ない。 高級ブランドは、もともと、限られた消費者、いわゆる富裕層をターゲットとしており、一般消費者に比べデータが集めにくく、また、定量調査が一般消費材ほど重要ではないというのがその理由だろう。 高級ブランドの市場調査においては、しばしば、特定の潜在顧客を対象に、フォーカスグループインタビューや、デプスインタビューといった、定性調査手法が用いられる。

しかし、一方で、定量データは、市場の全体感や、各要素の位置づけを把握するのに、非常に有用である。 これは、高級ブランド市場においても同様である。 たとえば、今月、矢野経済研究所が、昨年の輸入高級製品の市場は、10%縮小し、1兆640億円となったと報告している。 化粧品の市場規模が約2兆円なので、その半分であると考えると、何となく直感で把握できる。

[記事全文]



2009/06/05


高級ブランドはウェブマーケティングで富裕層を狙え

ClickThrough

不景気での消費の見直しにより、富裕層消費者のオンラインショッピングが増加している。

eMarketer社による最新レポートが、こう結論付けている。 富裕層消費者は、これまで通り高級品を買い続けてはいるが、これまでよりも価格に対して敏感になっているとのことである。

[記事全文]



2009/06/04


高級ブランドが中古市場で人気(2)

Media

ブランドオフは、アジア展開を行っており、昨年には、香港に第一号店を開店させた。 また、香港を拠点とする中古高級品小売のMilan Stationは、中古ブランド品の売れ行きが好調であることを報告している。 同社のCMOのTony Chan氏は、「経済危機にも関わらず、現在10の店舗を持つMilan Stationは、1年前の同時期と比べ、業績が5%〜7%伸びています」と述べている。

これらを背景に、消費者が高級ブランド品を簡単に手に入れられるようになり、高級ブランドの特別感が薄れていることが高級ブランド企業にとっての問題となっている。 また、高級ブランド企業は、自社製品と顧客との関係を、もはや、コントロールすることもできなくなっている。 「多くの高級ブランドが、顧客との関係をコントロールするために、小売業に進出しています」と、シンガポールInterbrand社のマーケティング・ディレクターであるMike Langton氏は述べる。 「ブランド各社にとって、製品を売ることは、単なる販売ではなく、『販売セレモニー』なのです。」

[記事全文]



2009/06/02


高級ブランドが中古市場で人気(1)

Media

不況の影響を受けて、中古品やレンタル品にシフトする、ブランド愛好者

高級ブランド製品は、これまで不況知らずであった。 しかし、今はそれどころではないようだ。 高級ブランドが一般化してから数年、高級ブランド顧客は、向こう見ずにお金を浪費する余裕が無くなってしまった。 2009年上期のブランド品の世界売上は15%〜20%の減少が見込まれており、アジアの主要市場である日本でも、10%の落ち込みが予測されている。

[記事全文]



Archives

- August, 09

- July, 09

- June, 09

- May, 09

- April, 09

- March, 09

- Febrary, 09

- January, 09

- December, 08

- November, 08

- October, 08

- September, 08

- August, 08

- July, 08

- June, 08

- May, 08

- April, 08

- March, 08

- February, 08

- January, 08


Keyword Search



*キーワードが複数の場合は、半角スペースで区切ってください