-

ラックス・リサーチ・ジャパン > ニューストップ > 記事

2009/08/29


顧客満足度調査でレクサス、キャデラックが首位

Bloomberg.com

ミシガン大学が行った顧客満足度調査で、GM社(General Motors Co.)のキャデラック(Cadillac)がトヨタ自動車のレクサスに並んで、首位にランキングされた。

ミシガン大学全米品質調査センター(NQRC)が8月18日に発表した調査結果によれば、両高級車ブランドは、100ポイント中、89ポイントを獲得した。 キャデラックは昨年よりも4ポイント上昇し、2003年以来の首位に返り咲いた。 また、フォードのリンカーン・マーキュリー(Lincoln-Mercury)と、フォルクスワーゲン社のフォルクスワーゲンは共に、前回から、最もポイントが増加した。

同調査センターの米国顧客満足度指数を担当するクラース・フォーネル氏は、17日のインタビューの中で、「今回のような大幅な改善をしたのは、米国の自動車業界では初めてです。 回復もそう遅くは無いという意見も出てくるでしょう。」と述べた。顧客満足度が高まれば、顧客は繰返し購入し、ブランド離れが少なくなると述べた。

自動車メーカー各社は、市場が収縮する中で顧客獲得争いを繰り広げている。この10年で平均1,600万を超えていた米国の自動車・軽トラックの売上は、昨年1,320万台に落ち込み、さらに、今年7月までに32%落ち込んだ。

リンカーン・マーキュリーやフォルクスワーゲンは共に5ポイント上昇し、1994年の調査開始以来、最高値をつけた。 リンカーン・マーキュリーは88ポイントを獲得し、GMのビュイックや、ホンダ自動車のホンダブランドと共に2位につけた。

業界平均は、昨年から2ポイント増の84ポイントであり、過去最高値となった。

日産自動車のニッサンブランドは、同調査で最もポイントを下げ、4ポイント減少し、最下位となった。

GM社のサターンと同社GMCが、米国ブランドの中で、今回、唯一ポイントを下げた。 業界平均を下回った9ブランドの中で、6ブランドが、GMとフォード、クライスラーグループの保有するブランドであった。


2009年 米国顧客満足度指数

順位ブランド2009年2008年
1キャデラック / Cadillac8985
1レクサス / Lexus8987
2ビュイック / Buick8885
2ホンダ / Honda8886
2リンカーン・マーキュリー / Lincoln-Mercury8883
3BMW8787
4メルセデス・ベンツ / Mercedes-Benz8682
4トヨタ / Toyota8686
4フォルクスワーゲン / Volkswagen8681
5ヒュンダイ / Hyundai8583
6クライスラー / Chrysler8480
6サターン / Saturn8485
7シボレー / Chevrolet8379
7フォード / Ford8380
8GMC8283
9ダッジ / Dodge8178
9起亜 / Kia8180
9マツダ / Mazda8180
9ポンティアック / Pontiac8160
10ジープ / Jeep7976
11ニッサン / Nissan7882

関連記事: 米国: 高級ブランドが自動車品質調査で上位を独占

関連記事: トヨタがレクサスの新型ハイブリッド専用車を発表


マーケティング・ニュース トップへ